So-net無料ブログ作成

長門湯本温泉 共同浴場2湯 [山口県]

岡山から高速で300kmとすこし、ETCの割引を使うためにICを降りようと思っていたらいつの間にか通り越してしまっているというボケをかましてしまいましたが、朝から温泉入っているとき意外はずっと走りっぱなし、最後に奥津で温泉入ってからも3時間運転しっぱなしで休憩してなかったので集中力不足、と一休み。
目的地を長門湯本温泉と定め、美祢ICから向います。もう夕闇につつまれて真っ暗な道が続きますが、ほとんど信号なしのいい道ですぐにたどり着きました。
川沿いに温泉街に進むとネオンが光る恩湯が川向に見えます。
(2007-09-09)



長門湯本温泉
礼湯★★★☆
アルカリ性単純泉
140×9~21
山口県長門市深川湯本2264
TEL 0837-25-3041
第3火休
恩湯の奥に坂を少し上がった所にネオンが光る。歴史は古いが改装されまだ新しく、立派な石風呂に加温掛け流しで投入、ややすべがある。比較的空いている。礼湯泉と湯本温泉混合泉で39度pH9.2総計0.19グラム加水アンモニア臭甘味がある。
湯本温泉のHP



長門湯本温泉
恩湯★★★★★
単純硫黄泉
140円×6~23(12月~2月630~)
山口県長門市深川湯本2265
TEL 0837-25-4507
第1火休
ネオンが目立つが唐波風入り口も印象的。大きな石板の浴槽二つあり温め、壁の湯口と、足元から暖かめの源泉がたまにぽこぽこ泡と湧出し、少し泡付きがある。恩湯泉39度pH9.5湯口つんとする硫黄臭アンモニア臭、こくのある甘味がある。暖まりもあり、後からややじんじん感もある。
湯本温泉のHP


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。