So-net無料ブログ作成
検索選択
香川県 ブログトップ

ダム3か所めぐりと讃岐一宮に讃岐うどんで高松城 仏生山温泉 都谷温泉 [香川県]

この日も予定では登山日としていましたが、天候はいまひとつのため観光コースにします。
高松方面に向かいますが、四国中央市で一つの川で一気に3つのダムでカードを配布しているので行ってみます。
野村ダムまではとっても良い道だったので安心したもののその後下流に降りてゆくと狭い道を延々といくことに。
その後は高松市まで高速で一気に向かい、讃岐一宮に参拝したのち讃岐うどんを食べ、仏生山温泉へ。
この後、高松城と丸亀城を見学するつもりだったものの、高松城を見学しているうちに丸亀城の受付時間に間に合わず。
この後、岡山側に向かう瀬戸大橋を渡る前に都谷温泉に浸かりました。
(2014-04-29)


DSC_1575.jpg
仙生山温泉
仙生山温泉★★★★☆
重曹食塩泉
600円○11~23受付(土日祝9~)
香川県高松市仏生山町乙114-5
TEL 087-889-7750
第4火曜休(祝は翌日休、GW盆年末年始営業)
モダンな建物の日帰り施設。内湯は石造りの浴槽。露天風呂は掛け流しになっており2段で流れ込み式になっている他に寝湯がある。掛け流し浴槽は加温泡が舞っており泡付きがあり白くなる。仙生山砂蒸し温泉32度pH7.5総計10.84グラム20マッヘ、ナトリウム3322mgカリウム9mgカルシウム10mgバリウム1mgフッ素13mg塩素1809mg臭素9mg炭酸水素5259mgメタケイ76mgメタホウ132mg二酸化炭素202mgやや臭素臭塩味鹹味エグ味がありすべすべする。
仙生山温泉のHP


DSC_1578.jpg
都谷温泉
いやしの里さらい★★★
単純泉
1200円(1300円、26日700円)◎10~24
香川県坂出市西大浜北1-1-22
TEL 0877-59-2626
JAFの割引を利用。坂出北インター近くにある館内着付きの日帰り施設。内湯の讃岐石を利用したサヌナイト風呂のみ温泉利用で加温循環でややカルキ臭がする。バイブラ浴槽や露天の石風呂、壺風呂等は白湯利用。2号泉18度pH7.5総計0.28グラム5マッヘ硫酸25mg炭酸水素155mgねっとり感にやや暖まりがある。
いやしの里さらいのHP

帰路の途中に さぬき温泉 [香川県]

久々に温泉博士を使って香川のさぬき温泉に入るため塩江に向かいます。
お腹が空いてきたので途中のSAで夕食を取っていたら、結構距離があったのでさぬき温泉着いたら暗くなってしまいました。
その後は四国脱出へ鳴門へと向かいました。
(2012-05-28)


2012-05-28_19-25-58_HDR.jpg
さぬき温泉
さぬき温泉★★
単純泉
無料(500円)○9~21
香川県高松市塩江町安原上東2065-1
TEL 087-893-0300
第2・4水曜休
温泉博士で入浴。RC造りの中規模の宿。タイル張りの内湯といずれも屋根付きの第1露天と通路を渡って川を見下ろす第2露天がある。加温循環でカルキ臭がする。自家源泉で16度pH7.6総計0.74グラム、カルシウム20mg鉄0.7mgフッ素6mg硫酸21mg炭酸水素377mgメタケイ22mgフッ素と炭酸水素の規定泉でねっとり感がある。
さぬき温泉のHP

塩江温泉郷 さぬき温泉




高松市内を抜けて 庵治温泉 奥の湯温泉 [香川県]

松山市内を抜けるのに渋滞に少々ひっかかて松山ICへと到着。高松の屋島近くにある。庵治まで向かいます。
高松市内を抜けるのに一苦労。時間をロスしてよやく塩江の奥の湯に到着。
この後は更に山奥の美馬方面にむかいました。
(2010-11-22)


NEC_4034.jpg
庵治温泉
庵治観光ホテル海のやどり★★★
単純泉
無料(800円)○11~19
香川県高松市庵治町5494
TEL 087-871-3141
無休
温泉博士の手形で入浴。高台に建ち入江の眺めが良い宿。内湯はタイル張りに石の縁の浴槽で冷たい源泉投入の浴槽内循環。半露天は微々白濁してややカルキ臭がする。灰色の析出がある湯で18度pH7.3で13マッヘでラドンとフッ素での規定泉。微塩気やや渋味にきしきし感がある。
庵治観光ホテル海のやどりのHP

あじ温泉 庵治観光ホテル 海のやどり





NEC_4035.jpg
奥の湯温泉
奥の湯温泉★★
単純泉
470円○9~20
香川県高松市塩江町上西甲783-1
TEL 087-893-0629
第2・4火休
宿泊棟もある市営の日帰り施設。内湯のみでバイブラ付き浴槽に冷たい源泉が少量投入の循環でややつんとするカルキ臭がする。鉄分の無い鍾乳石色の析出が湯口にできている。16度pH9.1総計0.28グラム硫酸47mg炭酸水素64mg炭酸イオン34mgメタホウ酸9mgアルカリ性硫黄臭に塩気がありすべすべする。
奥の湯温泉のHP

香川 白濁のみかど温泉~塩江、塩入、琴平 [香川県]

この日は四国最後で香川県に向かいます。
まずはみかど温泉へ、山の中の国道沿いにあります。
その後塩江貝温泉に向かい帰り際に塩江にもよってみましたが、ここからは苦行になってしまいました。これまではほとんどの温泉がそこそこ良かったため、油断してました。
行基の湯と塩入温泉カルキ臭が強くがっかり。
せっかく香川まで来たので、こんぴら参りです。
ゆっくりと街中を歩いた後、階段を一気に30分あまりで昇り降り。
さすがに汗をかいて、こんぴら温泉に。しかしお湯は・・・・プール並みのカルキ臭。
最後の締めとは行かず残念でしたが、これで四国とはお別れ。
夕刻瀬戸中央坂出ルートから本州へ。姫路で高速を降りてつぎのICに行くのに渋滞にはまり失敗して時間をロスしたものの一気に館林までAM3時前に到着。さすがにバテました。
(2006-11-25)



美霞洞温泉
みかど温泉★★★
循環硫黄泉
600円○8~20(受付~19:30)
香川県仲多度郡まんのう町川東2336-25
TEL 0877-84-2211
無休
朝から盛況。内湯は片側ガラス張りで紅葉が見えた。浴槽はジェットとバブルで落ち着かないがそのおかげ?で微青がかった白濁。微じんじん感に疲労感があり、きしすべ感。微金酸味微カルキ臭がある。湯あがりは粉ふく感じ。
みかど温泉のHP



塩江貝温泉
塩江貝温泉★★★☆
単純泉
330円○10~20:30
香川県高松市塩江町上西甲127-1
TEL 087-893-0908
水木休
塩江温泉から奥に入った所にある。浴室は湯気むんむんでガラス越し渓流と山の紅葉が見えた。内湯のみのタイルの浴槽は3対1に泡風呂と区切られる。43度まで加温された源泉が掛け流しされる。総計0.3グラム17度やや甘味渋みがあり、鉱物臭に微微硫黄臭。ややねっとり感にすべすべがある。湯上がりはややじんじん感がある。



塩江温泉
行基の湯★
カルキ循環泉
310円○10~22
香川県高松市塩江町安原上東37-1
TEL 087-893-1126
第1,3月休(祝は翌休)
道の駅しおのえ併設で川向かいにあり橋を渡る。建物は木造で良い雰囲気。露天内湯ともプール並の塩素濃度でひどい。上がり湯はややつるつるがあり、ややナトリウム味鉄酸味でまずまず掛け湯のみよかった。
塩江温泉のHP



塩入温泉
塩入温泉★★
カルキ循環重曹泉
500円○10~21
香川県仲多度郡まんのう町塩入718-140
TEL 0877-78-3363
水曜休
山間といった雰囲気で施設はまだ新しく盛況でコテージもある。源泉は塩入温泉3号泉総計1.6グラム18度pH8.6のほぼ純粋な重曹泉でメタ畦酸ホウ酸の含有もあり、ぬるぬるする。内湯のみでカルキ臭が強く、ナトリウム系の無味。湯上がりはかさかさする。讃岐なのでしっぽくうどん450円を食堂でいただく。具だくさんでおいしかった。
塩入温泉のHP



こんぴら温泉
湯元八千代★
カルキ循環土類泉
750円○10~16
香川県仲多度郡琴平町611
TEL 0877-75-3261
無休
琴平宮の門前にあるこんぴら温泉。自家源泉総計1.2グラムやや苦みがあり、きしきし感にややねっとり感がある。混浴の屋上露天は琴平宮が望め、湯あみ着が用意されている。やや熱めに循環加温され間欠で源泉投入され、プールなみのカルキ臭がある。内湯も循環。湯上がりは粉っぽくかさつる感がある。
湯元八千代のHP


香川県 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。